シンデレラコンプレックス

それによって女性ホルモンの分泌が多少抑えられます。これは、仕事の際には性的な活動は邪魔になるからです。女性ホルモンは本来、セックスをして子供を生み、授乳をするために存在しているものです。女性ホルモンが多く分泌されると、そうしたときと同じ状態の体になります。ところが、これではスポーツやビジネスの障害になってしまいます。そのためスポーツやビジネスに熱中しているときの女性は、そうした女性ホルモンの分泌が自然と抑えられ、なんとなくカサカサというかギスギスした状態になることがあるわけです。ところで、こうした恋愛小説が多くの女性にもてはやされるのは、女性が持っている「シンデレラ・コンプレックス」をかきたてるからです。「シンデレラ・コンプレックス」とは文字どおり、シンデレラを迎えにきた〃王子さま″のような男性がいつかきっと自分ところにも現れるであろうと夢見る気持ちです。〃王子さま″のような男性というのは、すなわち社会的な地位が高く、お金持ちで、ハンサムな男性であり、自分を退屈な日常から救い出してくれるような男性ともいえるでしょう。自分を作り過ぎずにで、素敵なパートナーを見つけよう。『更級日記』の作者である菅原孝標女は(すがわらのたかすえのむすめ) 、恋愛小説のはしりともいうべき『源氏物語』や『宇津保物語』などが大好きな文学少女でした。彼女はその中で、「(実際にそんなことはあり得ないが、私は少女時代)自分はまだ若いからこんなに不器量だけど、年をとったらもっと美人になるだろう。

DK008_L

Comments are closed.