女性の不倫と心理

では、女性はどういうときに不倫をしたいと考えるのでしょうか?女性誌などでは不倫をテーマにした特集がよく組まれていますが、赤裸々な不倫体験を綴った記事を目にすることも少なくありません。実際、どれぐらいの女性が不倫をしているのかはわかりませんが、若いOLのほとんどは不倫をしているなどとまことしやかに言われたりしています。それはおおげさにしても、不倫願望を持っている女性は意外と多いのではないでしょうか。『マディソン郡の橋』は昨今の女性の不倫願望をじつに巧みに表現していますが、ここではフランチェスカを例にとりながら、女性の不倫の心理について考えてみたいと思います。ロバートは、世界各地を旅しながら写真を撮りつづけているフリーランスのカメラマン。一方のフランチェスカは詩歌が好きな聰明(そうめい) な女性で、夫のリチャードと二人の子供とごく平凡な家庭生活を営む主婦です。この小説をちょっと深読みしてみると、フランチェスカの夫・リチャードは地味で真面目なアメリカ中西部の典型的な農夫です。アメリカはもともとキリスト教の国ですが、ドイツやオランダからの移民が多い中西部にはプロテスタントが集中しています。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→素敵な出会いを見つけてください。キリスト教の中でもとくにプロテスタントは禁欲的ですが、おそらく彼の道徳観や価値観の規範にはプロテスタント的な考え方が強く反映されていると思われます。O「愛」を感じるのは、遺伝子の命じる行為もちろん、母親だけが犠牲的なわけではありません。

DK128_L

Comments are closed.