好きになった相手

たしかにロバートには離婚歴があり、今風にいえばバッイチの男です。先の手紙にもあるように何人かの女性とも性的な関係があるようでした。フロイトによると、男性はいくつになっても自分の母親のイメージを持っていて、それを自分が好きになった相手に求めているといいます。ロバートの場合もそうで、フランチエスカの中に母親のような母性的な魅力を見いだしていたのかもしれません。それを象徴的に示しているのが、この小説に出てくる食事のシーンです。フランチェスヵが彼のためにシチューをつくってあげるシーンで、彼女はロパートに料理をつくるのを手伝わせたりします。流しでジャガイモの皮を剥いている彼女のかたわらで、ロバートはニンジンやカブ、パースニップ(白ニンジン)、タマネギを慣れない手つきで切り刻みます。放浪の旅ばかりしているロバートは、自分のために手の込んだ料理をつくってくれる女性に久しく会っていなかったのでしょう。ところがフランチェスカは、彼のためにかいがいしく料理をつくってくれます。そうした彼女の姿の中に、彼は自分の母親のイメージを投影しているのでしょう。夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、結婚相談所 比較 で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。男は自分にとって〃都合のいい女〃を求めて浮気する●女なら誰でもいいという浮気男は、幼児期に性欲の抑制を学習していない●どの女にも満足しない浮気男は、無意識に母親を求めている●男の浮気は、自分の遺伝子を残すためのサバイバル戦略O浮気は男性の”専売特許”「浮気は男の甲斐性」という言葉があるように、浮気は男性の〃専売特許″のようにみなされてきました。

DK043_L

Comments are closed.