恋をすると女性は美しくなる

ただ、男性の場合は、恋をしても、美しくなるとか精気がみなぎってくるなどとは言いません。なぜかというと、性別(ジェンダー)による役割分業を前提としてのことなのですが、男性は仕事をしているときが一番輝いて見えるものだからです。恋をしているときの女性の美しさというのは、男性が仕事に心から熱中しているときの美しさと等価なのです。会話の中からその人の性格や望みなどを見つけられれば、ここ→で出会った人は自分にとってどんな人なのか、わかりそうですね。もちろん、スポーツや仕事に打ち込むことも女性を美しくしますが、これは「アドレナリン系」の美しさ、つまり目の輝きや背筋の延びが表現を生き生きとさせ、女性を美しくみせるのです。恋をしているときの女性の美しさというのは「エストロジェン系」の美しさです。これは恋をしてはじめて出くるものです。「恋をしながら仕事にも打ち込む」という両刀使いがいちばん女性を輝いてみせるのでしょうが、これはそう容易なことではありません。男性が恋に熱中していてもそれほど美しく見えないのは、しょせんはまがい物で、本当の意味で熱中しているわけではないからかもしれません。では、女性が仕事に熱中しているときは美しく見えないのかという疑問が起こってきます。もちろん、そんなことはありません。女性もそれなりに美しいのですが、その際、女性ホルモンの存在が問題になるのです。仕事やスポーツに熱中したりするときには、女性でもデストステロンやアンドロジェン(男性ホルモン)が分泌されるようなのです。


DK035_L

Comments are closed.