結婚後のコミュニケーション

もちろん、それは一面では女性のほうが従属的な立場におかれていた時代と文化の産物でもあります。日本でもかつて、夫が妾(めかけ) をかこったり、愛人の家に通ったりすることがなかば公然とおこなわれていた時代もありました。多くの妾や愛人を持つことは、男性にとって一種のステータス・シンボルでもありました。もちろん、そういうことができるのは、ひじょうに裕福な男性であるとか、よほどの甲斐性があるとか、あるいは女性を口説く能力に長けている男性である場合が少なくありません。だからこそ先のような言葉が生まれたのでしょう。結婚してからコミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、 で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。近頃はお金も甲斐性もない男性でも平気で浮気をするようですし、実際、世の中にはそれで痛い目にあっても懲りずに浮気を繰り返す男性が多いのも否定できません。このように、男女の性関係において、男性は女性よりポリガミック(複婚的)だとよくいわれますが、はたして本当にそうなのでしょうか?まず、フェミニズムの立場から説明すると、一つは男と女の「ジェンダー」の違いからくるものだという考え方があります。この「ジェンダー」という耳慣れない言葉は、従来の男性、女性という生物学的な性差をあらわす「セックス」とはいささか異なり、〃性別による役割分業″という意味合いで使われます。ご存じのように、人間の染色体は全部で四六本あり、それぞれペア(対)になっています。

DK033_L

Comments are closed.